LLPとは

LLPとは

LLPとは、Limited Liability Partnership(リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ)の略で、日本では有限責任事業組合と呼ばれています。

株式会社と似ていますが、大きく違うのは『組織が何に重点を置いているか』という面です。

株式会社は『資金』が最も重要とされ、『資金を出す人=出資者』の権限が大きくなり、『出資比率』が権限の大きさを表します。

一方、LLPは資金ではなく『人』が最も重要視され、人を中心に形作られた組織です。他の人が持っていない能力やアイディア、技術や専門性に大きな価値を置いた組織で、設立時の『出資比率』が少なくても、組織に必要とされる人が重要視されます。LLP内のルールを組合員同士が独自に決めて、内部自治によって運営するのが大きな特徴です。

私達は『権利擁護』『自立支援』『共生社会』をテーマに、各々の専門分野を活かして小規模住宅型有料老人ホーム(S.S.A)の開設.営繕費用を目指します。

シニアソーシャルアパートメントとは

シェアハウスよりもプライベート空間と共有スペースを明確にしている施設です。

シニアソーシャルアパートメントでは、自立の方や要支援の方・要介護の方へも医療や介護・自費サービスを通じて一人ひとりに最適な生活をサポートし、アパートメント独自にルールを皆さんと築き上げていきます。

目指すテーマは『個の確立と共生』です。